top page

| ARCHIVES | PHOTO | ABOUT | BOOKMARK | Ad | Subscribe to my feed, naked
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.09.22 Friday [-] permalink / -
「立ち読み」ってやっぱイイ

まいどです。

僕は普段本を買う場合、ほぼ100%アマゾンを利用する。で、本を買うに至るまでに、お気に入りのブログでの本の考察やアマゾンのレビューなんかを参考にしたりします。人のアウトプットを読み集めて「面白そうやなぁ、もっと知りたいなぁ、買お。」てな具合です。(まぁ今風な購買行動ですよね。)

しかし、人のアウトプットを読み集めて"なんとなく分かった気になって"買わない場合もある。

この前、たまたま人待ちの間にツタヤでその"なんとなく分かった気になって"買わなかった本を立ち読みして、度肝を抜かれた。"なんとなく分かった気になって"買わなかった本は、実は自分にとってめっちゃ面白い本だったらどないですか?こっわ。

で、買った本がコレ。



タイトルにある「ロングテールの法則」。こんなもん今やどこでも知ることが出来ます。"現象"についてはね…。でもね、この本は売り上げを上げる為の仕組み作りについて書かれた本です。マーケティング戦略。ロングテール現象が実際の数値として現れることは、戦略としてはなんら重要ではない。「80対20の法則を覆す」とは、「マーケティングの自動化」によって、「絞り込んだ戦略」から「絞り込まない戦略」にシフト出来る、という意味です。(「ネット化」じゃなく)「自動化」が一番のキーワード。タイトルの表層ばっか見てたらエライ目みますよ。アイデアいっぱい。面白い。

結局、"分かった気になってた"のは「ロングテール現象」についてで、この本については"分かった気になって"さえもいなかったのかもしれません…。(「ロングテール戦略」なんかについては「ネット上で数的優位になったらエエやん」くらいにしか考えてなかった…。)

かといってこの本を読み終えた今、人のアウトプットを読み集めてみたが、「この本についてこれ(人のアウトプット)だけで"分かった気になれる"ことはあっても"分かる"ことはないやろな」と思いました。ホンマ立ち読みしてよかった。

ちなみに、この本の著者は"すごく頭のキレる方"とお見受けした。P&Gの自称「ヤンエグ」のマーケターの方を思い出した…。
イカス。
2006.08.23 Wednesday [daily] permalink / comments(0)
スポンサーサイト

2006.09.22 Friday [-] permalink / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://naked0620.jugem.jp/trackback/168
<< 「祭り」は「イベント」とは違う | TOP | ルーツではなくルート >>
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS

KEYWORD SEARCH