top page

| ARCHIVES | PHOTO | ABOUT | BOOKMARK | Ad | Subscribe to my feed, naked
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.09.22 Friday [-] permalink / -
affiliate

まいどです。

当ブログではこれまで著作権遵守の方向でCDジャケット画像を表示することを謹んできました。

で、アマゾンのアソシエイトプログラム(アフィリエイト)を利用してでもジャケット画像載せて商品紹介したい、なんて思ったんですけど、ダサいんです。アマゾンのバナーとかついてるし。

そんな感じで、アソシエイトID取得しながらも、ずっと放置してたんですね。

で、今日、こんなサイトを発見。

Socialtunes

ここを利用すれば商品を自分のブログやホームページで商品を紹介出来ます。もちろん画像付き。

アマゾンと連携していて、自分のアソシエイトIDを反映させることが出来るので、アフィリエイトにも利用出来るわけです。

で、何がいいって、アマゾンのバナーを表示させなくてよいんです。

しかも表示する情報をカスタマイズ出来ます。これでスッキリ自分の紹介したいCDのジャケットなんかも表示出来ます。

やっぱ自分の好きな音楽紹介するのにジャケット写真なしじゃ何か物足らんでしょう。(もちろん音楽は目で感じるものではありませんが。)

少なくとも、かっこいいジャケット画像が貧相な僕のブログを華やかに飾ってくれます。

決して自分のブログをコマーシャルな感じにしたいわけじゃありませんが、アフィリエイト様様です。

アマゾンにある商品の範囲でしか、無理ですけどね……。


記念に今日の一曲。

屍を越えて / GAGLE

BIG BANG THEORY(DVD付)
アーチスト: GAGLE


DJ Mitsu the Beats率いるGAGLEのこの一曲。

ジャジーなトラックももちろんよいが、日本語の詩が最高です。


ジャケットは……。
2006.03.13 Monday [copyright] permalink / comments(0)
Copyright - 03

まいどです、こんなん買いました。



この本のP246の「引用の条件」の中から「引用の必然性があること」に関してこんなことが書かれています。

他人の著作物を引用しないと文章が成り立たない場合で、さらに「報道、批評、研究その他の目的」(以下批評等)のためではなりません。


これは、以前にも書きましたよね。で、コレ。

たとえば、ディズニーランドのテーマソングのCDジャケットをスキャンした画像は、「ジャケットのデザインそのものの批評・研究」には使えますが、「ディズニーランドやキャラクターの批評」「歌の批評」「演奏したバンドの批評等」には使えません。


ん?!やばいんちゃうん?!

まだこの本を全部読んないで著作権について充分理解したわけではないですが、これまでの僕の画像の使用方法に問題があることは明らかなので、CDジャケット写真を削除することにしました。

これからブログを続ける上で、また著作権のことを取り上げることがあるかもしれないので、新しく「copyright」のカテゴリーを作ります。

ちなみに、この本の帯にある、

「キティちゃん」は自由に使っていいんです


というのは、「キティちゃん」という「言葉」は自由に使っていいんです、ということです。

著作権を気にする人にとってはなかなか目を引く文句です。
2006.02.21 Tuesday [copyright] permalink / comments(3)
Copyright - 02

前回に引き続き、著作権について。前回から色々調べてみました。

権利の強化によって社会全体の創造性・文化が失われているのではないか?なんて考えから、スタンフォード大学法学部のレッシング教授による「クリエイティブ・コモンズ」なるものがある。(参照:creative commons japan)

レッシング教授は、著作権保護と自由であることのバランスが必要だ、と。

みんなで共有して、より創作的な活動をしよう、と。

なるほど。

DJカルチャーなんかは、こーゆー意味でも、社会的規制もなく自由であったからこそ、大きなムーブメントに成り得た部分もあるのではないか?

Deep House Pageとかかなりコモンズ的じゃない?

てゆーかサンプリングってかなりコモンズ的ですよねぇ。

とはいっても、著作権保護も大切ですよね。個人が簡単に情報を発信出来る時代ですから、うっかり加害者にならないように気をつけなければ。

勉強します。

今日の一曲

My Love Is Free / Double Exposure (Salsoul)

2006.02.19 Sunday [copyright] permalink / comments(0)
Copyright - 01

まいどです。

ブログ始めて、他人のブログを見ることが以前よりは増えましてね。中にはミュージックビデオを配信しているブログもありました。こりゃええわ!と。僕もVideoCure.comなんかをチェックしたりしてね。

でもね、思ったんです。これって著作権を侵害しているのでは?と。

皆がやってるからいいやん!では済みませんよね。で、インターネットで調べてみたんですよ。じゃあ、どうやら(商用であろうとなかろうと)楽曲や動画だけじゃなくてCDジャケットもインターネットで配信することは「公衆送信権」の侵害である、とのこと。CDジャケットも!CDジャケットも著作権侵害に当たるのであれば、僕のブログも著作権を侵害していることになるのでは?

ただ、著作権法では、次のような用件を満たせば、著作権者の許諾を得ずに使用する「引用」を認めているとのこと。

・報道、批評、研究などの目的であること。
・引用する必然性があること。
・必要な範囲であって、引用した部分が「従」の位置づけであること。
・引用した部分が区別されていること。
・引用した著作物の出自を明記すること。

(参照1:OCNあんしんWeb)

(参照2:ブログ著作権ガイド

これまでに僕が書いた記事で使った画像は、引用に当たらないのでしょうか?

もし引用の仕方に問題があるのであればご一報を。著作者のためにすぐに削除しようと思います。

で、ついでに思ったんですけど、他人の楽曲をMixすることで栄えてきたDJカルチャーはどないやねん?!と。このカルチャーによって新しく確立された音楽(著作物)もありますよね。DJは、わざわざ著作権者に許諾を得てプレイしているのですか?それとも、DJプレイは「引用」に当たるのですか?



Larry Levan (July 20, 1954 - November 8, 1992)

自分を表現するため、素晴らしいアーティストを広く公衆に伝えるため(楽しんでもらうため)にある僕のブログはDJプレイと同じです。
2006.02.18 Saturday [copyright] permalink / comments(3)
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS

KEYWORD SEARCH