top page

| ARCHIVES | PHOTO | ABOUT | BOOKMARK | Ad | Subscribe to my feed, naked
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.09.22 Friday [-] permalink / -
バズマーケティング

バズ・マーケティング
発売元: ダイヤモンド社

先日の記事で紹介した本なんですが、"半分ちょい"で読むのを断念。今よく言われてるバイラルマーケティングとはちょっと違う。どっちかっていうと、「Attention」や「Interest」を引きつける為の手法が中心に書かれた本。株式市場で言われる「美人投票」を思い出した。健全じゃない。面白いんだけど、とりあえず[あとで読む]。

ちなみに「第59回学生広告論文電通賞」ってのがあるんやけれども、この本はこの課題のヒントになるような気もする…。
2006.08.30 Wednesday [book] permalink / comments(0)
「祭り」は「イベント」とは違う



もう盆も過ぎて、ゆーてる間に岸和田の祭りですねぇ。というわけで、こんな本を読んだ。というより、いつもと趣向の違った本を読みたかったんで。(街の雑誌『ミーツ』前編集長が綴る。) いい気分になった。

「祭り」は「イベント」とは違う。
2006.08.22 Tuesday [book] permalink / comments(0)
Webブランディング成功の法則55

まいどです。

最近は、徳島にちょろっと行ったきり家に引きこもっています。(徳島での話は、ここでは置いておきます。)

で、今日はこの本を読みきりました。

続きを読む >>
2006.08.19 Saturday [book] permalink / comments(0)
マーケティング2.0

まいどです。

この前ちょこっと紹介した本「マーケティング2.0」がやっと届きました。今は別の本を読んでる途中なんで、内定先の社員の方とウチの大学の専任講師の方が書いてるトコだけサクッと読んでみました。

内定先の社員の方の記事は、お仕事柄でしょうか"やっぱり"な内容。("やっぱり"なのは僕が最近こういう内容の本やブログをよく読んでいるからであって、決して「しょうもない」わけではないです。)

で、面白かったのが、ウチの大学の専任講師である柿原さんが書いてる事ですよ。
続きを読む >>
2006.08.12 Saturday [book] permalink / comments(0)
教科書

まいどです。

今年の夏休みは、「オン・オフのない楽しみ」にも書いたように、仕事をする準備の勉強に充てたいと考えております。(もちろん遊びたい時は遊びますよ。)

僕の場合は職種別採用だったので、つまり何の仕事するのかもう既に分かっているので、幾分か勉強しやすい。ずっと前から、WEB関連の会社でマーケティングの仕事をしている方やWEBディレクターの方のブログを拝見していたので、大体どんなもんかってのは分かってはいるんですが、実際仕事をする前の今から何が出来るか、何を意識して生活すべきか、ってのをもっと明確にすべく今は仕事に関連する書籍を読み漁っております。例えば、何のツールが何の目的で使用されるかが分かれば、その目的に合わせたそのツールの使用方法なんかを勉強したり出来るしね。

続きを読む >>
2006.08.02 Wednesday [book] permalink / comments(0)
プロセス オブ ウェブデザイン

まいどです。

今日はこんだけ読みきりました。



僕にとってタイムリーな本。タイトル通り。サイトテーマごとに、その目的を達成するまでの様々なプロセスについてそれぞれ実例(Nokia、トヨタist、KDDI リスモ 等)を挙げながら書かれています。




とりあえず…。一日でさくっと読めました。刺激的。

2006.06.13 Tuesday [book] permalink / comments(1)
Expression of Eros

まいどです。

ネット上を徘徊していたらこんなもん見つけました。

官能小説用語表現辞典
発売元: マガジンハウス


かなり中身が気になります。官能小説は一度だけ(大学受験で東京へ向かう新幹線にて)読んだことがありまして、その時の感想は、

「よくエロに特化してここまでの表現が出来るなぁ。」

って感じでした。

そら、こんな辞典も出るよね。

で、ちょっとおもしろかったんでアマゾンのレビューから少し抜粋。

それにしても、官能小説家の表現力はすばらしい。
「いけない張本人」「形状記憶合金」「毛のはえた拳銃」
「尊厳」「肉の地蔵様」「発熱体」「もう一人のあなたさま」
これみんな、男性器の描写である。
こういった官能小説ならではの表現を大量の作品群の中から
選び抜くという労作。いい仕事してるな〜。


……。

絶句!と同時に、自分の表現力の陳腐さが恥ずかしくなりました。

エロの表現力ってのは、天から降ってくる系の発想力なんですかね?「知」はあまり必要ないようにも思いますが……。

どんな世界でもプロは凄いですね。クリエイティブ!(謎)

で、ここで一筆、僕がエロ表現をする、

……、

ことは無いです!

また、この辞典を買って、将来このブログの「SPECIAL MENU」に官能小説が加わる、

……、

ことは無いです!(たぶん)

2006.04.01 Saturday [book] permalink / comments(0)
ori-oba

まいどです。



コレ読みました。

なるほど、これはおばかさんでも分かりやすいな。なんて思いながら読んでたんですが、たぶん最初は、「こんなん当たり前や」と余裕があっただけで……
読み進めていくと、目からウロコ、というか、なるほど納得な、なかなか為になるお話が多かったです。というか家の資産運用が心配になってきたりで……

すぐにオカンにも読ませます。
2006.03.07 Tuesday [book] permalink / comments(0)
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS

KEYWORD SEARCH